在宅勤務という働き方もある

IT業界はパソコンに向かって仕事をすることが多い、というイメージを抱いている人が多く見られます。しかし、エンジニアはイメージとは全く異なるギャップのある職種といえるでしょう。なぜなら、人と接する機会が多いからです。クライアントからシステム開発の依頼を受けて、プログラマーへクライアントの要望を伝えてシステム開発のサポートを行います。

スケジュールや人員、予算の管理も行っているため、プロジェクトメンバーや上司とコミュニケーションを取ることも多いです。システム構築後はクライアントへの説明を行い、無事1つの仕事が終了となります。多くのエンジニアが同じ期間に複数の案件を抱えているので、仕事が終了しても次の仕事へ移らなければなりません。そのため過重労働が深刻な問題として浮上し、残業や休日出勤が多く休息を取りにくい環境になっています。

特に女性は出産や育児と仕事を両立するのが難しく、出産や育児を理由に離職する人が非常に多いです。子育てを行っている女性の過重労働を防ぐため、在宅勤務という改善策が実施されています。現在は連絡手段が発達しているのでメールと電話で社員やクライアントとやり取りをして、在宅で働く制度です。ある程度自分の好きなタイミングで仕事ができ、子育てとの両立が実現します。女性エンジニアのメリットだけではなく、企業側にとっても貴重な人材の確保に繋がります。両者にメリットのある優れた制度なので、導入する現場が増加しています。その他、働き方以外にも自分で改善が行える場合もあり、エンジニアはきつい?にはそのヒントが載っているので確認してみるといいでしょう。

Comments are closed.